神奈川のエアコン工事専門梶谷電機

エアコン工事のお勉強

知っておいて損はない!エアコン工事のこと

なぜエアコンは冷暖房が効くのか?ガスってなに?

皆様は普段、リモコンで何の気なしに冷暖房をしようしている思いますが、どうして冷暖房が効くのか知っていますか?実はこれを知っていることはエアコン工事や修理を依頼したり、するときに非常に役立ちます。

エアコンの中には冷媒とうガスが封入されています。この冷媒ガスが状態変化(液体⇔気体)を繰り返すことで冷暖房が発揮されます。つまり、状態変化のときに熱を発したり、吸収したりすること(熱交換)を利用しています。

冷媒ガスの流れ

もう分かりの通り、この冷媒ガスが減ったりなくなったりしてしまうとエアコンは動いても冷たい風も暖かい風も出てきません。しかし、「エアコンが壊れた」と思うのはまだ早いです。

ガスが漏れたエアコンは漏れ箇所を修理してガスを再封入して直すことができます。ガス漏れのほとんどの原因は施工ミスにあり、配管パイプとの接続箇所から微量に漏れていることが多いです。その場合は比較的容易に修理することができます。
料金相場は15,000円~2,5000円です。この費用を考えると新しいエアコンを買った方が安いという場合もあるでしょう。エアコンの使用期間を考慮し、修理するか否かを検討しましょう。

ちなみに弊社では15,000円(取り付け時)(冷媒種類:R410A、R32対応)でお受けしております。

稀に室内機または室外機内部の腐食でガス漏れを起こしている場合があります。その場合の修理は対応できかねますのでメーカーにお問い合わせください。

エアコンの設置には電気工事が必要?

エアコンを購入して設置すれば問題なく使用できると思っている方も多いですが広いリビングなどで使用する(能力の大きな)エアコンの場合は電気工事が必要な場合があります。

ご存知の通りの通り、6畳用から20数畳用のエアコンがありますが、その能力が上がるにつれ、使用する電気の量も増えます。段階的にわけると4段階あります。①100V、15A ②100V、20A ③200V、15A ④200V、20A の4種類。(これ以上は動力というものなので説明は省きます)

この4段階に合わせ、電源プラグの形状も4種類あります。つまり、そのプラグと設置部屋のエアコン専用コンセントが合わない場合はコンセント交換が必須となり、電圧が異なる場合は分電盤にて電圧変更の工事が必須です。
大がかりな工事ではありませんが、国家資格、電気工事士を持たなければ作業することはできません。。

料金相場としては、コンセント交換1,000~3,000円、電圧変更2,000円~4,000円です。

コンセントと電圧変更

弊社ではコンセント交換1,500円、電圧変更2,500円でお受けしております。

隠蔽、先行配管ってなに?なんで工事費が高いの?

マンションのエアコン工事で多い、隠蔽・先行配管とは、通常は露出している室内機と室外機をつなぐ配管パイプが壁の中を通った(通す)状況のことをいいます。マンションの構造上取り付け不可な中部屋でも配管を壁の中を通すことでエアコンが設置できるメリットがあります(単に美観のための施工もあり)。

しかし、水漏れや交換時の配管清掃などデメリットの方が大きく、業者の中でも隠ぺい配管の取り付けを受ける、受けないがわかれます。

配管接続、ドレン(水の流れ)の処理等、通常の設置工事に比べ難易度が高いことが工事費用が高い理由です。一見、標準工事に見えるような場合でも一部が隠蔽、先行配管という場合もあります。

なかなか聞きなれない言葉なので多くのお客様にはわかりにくいかもしれませんが、配管パイプが目視ですべて確認できなければ、それは隠蔽配管です。業者に取り付け依頼時には確認しておきましょう。

料金相場としては、5,000~15,000円です。しかし、既設の配管が足りない、清掃(窒素ブロー)が必要など現場によってさまざまですので、別途費用がかかることも少なくありません。隠蔽・先行配管の際は現場見積もりを頼んだり、写真を送った方が無難です。

隠蔽、先行配管

エアコン、現場の状況解説

工事依頼時には最低限ことを伝えなければ業者側も困りますのである程度は把握しましょう。

エアコンの設置状況の解説